ゴム使ってても100回中18回は避妊失敗!? 完璧な避妊方法とは

コンドームを一般的な使用方法で使った場合の避妊失敗率は18%。理想的に使用しても2%の確率で避妊に失敗します

コンドームの避妊失敗率は18%

アメリカで行われた調査結果によると、「一般的な使い方」をして1年間のあいだコンドームで避妊をした場合の避妊失敗率は18%だったそうです。
100組のカップルが1年間コンドームで避妊した場合に、18組のカップルが望まない妊娠をするという計算です。

ちなみに、「理想的な使い方」をして1年間のあいだコンドームで避妊をした場合の避妊失敗率は2%とのこと。

「一般的な使い方」と「理想的な使い方」の違いって何? と思ってネットでいろいろ調べていくと、どうやら次のような使い方のことを言っているようです。

【一般的な使い方】

  • セックスの際、コンドームを使ったり使わなかったりする。
  • セックスの途中からコンドームを使用する。
  • コンドームが破れて、付け直す。
  • コンドームが外れてしまう。
  • コンドームが膣内に残ってしまう。

【理想的な使い方】

  • 毎回欠かさず、セックスの初めから終わりまでコンドームを使用する。
  • 抜く時に根元を押さえて、精液が漏れるのを防止する。
  • 抜いた後、コンドームの破損がないかをチェックする。

「一般的な使い方」が結構いい加減な使い方のことを言っていたので、あー、18%ってのも納得だな、と思いましたが、「理想的な使い方」をしていても避妊失敗率2%というのは驚きです。
これは、コンドームは工業製品なので、どんなに理想的に使用しても避妊失敗率0%にはならないということのようです。

しかし、理想的な使い方をしていても、自分の意思に反して膣内でコンドームが破れてしまっていたり、抜け落ちて膣内にコンドームが残ってしまったりすることもあります。
そう考えると、コンドームの避妊失敗率は18%と考えておいたほうが間違いなさそうです。

河野産婦人科クリニック院長の河野美代子先生のQ&Aの回答で、河野先生がクリニックを開業して10年間に来院した10代の患者さんのうち、全性交経験者の避妊法とそれぞれの妊娠率が掲載されていました。

コンドームを使ったり使わなかったりしていた人たちは計1,542人。
うち、妊娠していた人が548人。
妊娠率は35.5%。

コンドームを確実に使っていた人は計865人。
うち、妊娠していた人は79人。
妊娠率は9.1%でした。

ちなみに腟外射精をしていた人は、401人で、妊娠率は25.9%でした。

引用元:【からだの相談室】花王 ロリエ

いずれの場合も、アメリカの調査よりもコンドームの避妊失敗率が高めです。
どうやら、「コンドームをしっかり使っていればしっかり避妊できている」と考えるのは間違いのようです。

ところで、アメリカの調査結果には「1年間まったく避妊をしなかった場合の避妊失敗率」も掲載されていました。
避妊をまったくしない場合の避妊失敗率は85%。
つまり、妊娠を望んでまったく避妊をしない状態で1年間セックスをしても、100組中15組のカップルは子宝に恵まれないということですね。

日本人がどんな避妊方法を採用しているのかを調べてみた。男女とも70%~80%が「コンドーム」と回答!

日本はコンドーム避妊が一般的

第13回出生動向基本調査で、性経験のある18歳~34歳の未婚男女に、一番最近の避妊方法をたずねたところ、男性の80.3%、女性の73.7%が「コンドーム」と回答したそうです。

参照:第13回出生動向基本調査(PDFの9ページ目)

この調査の数字の通りで、日本人の大多数が「避妊方法=コンドーム」という認識だと思います。

しかし、コンドームは女性にとって男性の協力が必要な避妊方法であり、男性のなかには

「ゴムをつけると気持ちよくない」
「途中でつけるのはめんどうくさい」

などの理由でコンドームをつけたがらない人も少なくありません。

2014年には相模ゴム工業株式会社から「サガミオリジナル001」、オカモト株式会社から「オカモトゼロワン」という、世界最薄の「薄さ0.01mm」というかつてない薄さのコンドームが発売されました。
コンドームが選ばれる基準に「薄さ」があることからも、世の男性の多くが「ほんとうはコンドームをつけたくない」「生でやりたい」と望んでいるのだとわかります。

男性の「ほんとうはコンドームをつけたくない。生でやりたい」という気持ちと「でも、避妊のためにはつけなくちゃ」という気持ちのぶつかりあいが、ゴムをつけたりつけなかったり、行為の途中から射精の直前だけつけたりという中途半端な正しくない使用方法につながり、多くの望まない妊娠につながっているものと考えられます。

ちなみに、いわゆるガマン汁で妊娠するのか? ということですが、ネット上に次のような情報がありました。

医師からの回答

我慢汁(正式には、尿道球腺液、カウパー腺液、カウパー氏腺液)には、男性の生殖器の構造上、精子が少量含まれることがあります。
従って、妊娠する可能性は理論上はありますが、精液1ccあたりに精子が2000万匹以下であると妊娠率は30%であると言われているため、2000万匹以上の精子が含まれることがない少量の、かつ精子を活発な状態で長持ちさせるような精液成分を含んでいない尿道球腺液のみで妊娠する確率は非常に低いと考えられます。
安心なさってください。

(ただし、コンドームを装着していても、上記の尿道球腺液の付着とは別の理由で精子が漏れ出てしまって、妊娠する可能性が0ではないことは知っておいてください)

【医師が回答!】我慢汁(カウパー腺液)でも妊娠はしますか…?【Doctors Me】

「我慢汁(カウパー腺液)のみで妊娠する確率は非常に低い!」

「じゃあ、射精の直前だけコンドームつければ大丈夫だな」

というのが、ゴムをつけたりつけなかったり、途中からつけたりする男性の言い分かもしれませんが、男性のカウパー腺液とガマン汁を別物と考える説もあります。

カウパー腺液とガマン汁を別物として考える説では、カウパー腺液とガマン汁を次のように分けます。

・ 男性が性的に興奮してくる時に分泌される、無色透明な、さらっとしつつ少し粘り気を持つ液体→カウパー腺液
・ 男性がイキそうになったときにガマンして、それでも少しだけ出てしまう汁→ガマン汁

この場合の違いとして、無色透明なカウパー腺液に対して、ガマン汁は白濁とした色合いを含みます。
白濁とした色合いを含むガマン汁は、女性を妊娠させるだけの十分な精子量を含みます。

男性が射精に至るプロセスを、

【1】性的興奮(カウパー腺液分泌)
 ↓
【2】イクのをガマン(ガマン汁分泌)
 ↓
【3】射精

とする考え方です。

どの段階で【1】から【2】に切り替わるのかなんてわかりませんから、ゴムをつけたりつけなかたり、途中からつけたりというのは、ゴムをつけずに中だししているのとあまり変わらないと言うことができそうです。

日本人の望まない妊娠の数(中絶率)を調べてみた。平成25年(2013年)の15歳~19歳の中絶率は59.6%。45歳~49歳の中絶率は53.6%

下記表は、平成25年(2013年)の年齢別の出生数・中絶数データです。
「出生数+中絶数」を分母に、「中絶数」を分子にして、各年齢別の中絶率を調べてみました。

平成25年(2013年)の中絶率
※クリックで図が拡大して鮮明になります。
参考:
1) 厚生労働省 平成25年人口動態統計月報年計(概数)の概況 第3表 出生数の年次推移,母の年齢(5歳階級)別
2) 厚生労働省 平成25年度衛生行政報告例の概況 6 母体保険関係 


率だけでみると、14歳未満の中絶率が86.2%と圧倒的です。
年齢別の中絶率を上位からみてみると、

・ 1位:14歳未満(中絶率86.2%)
・ 2位:15歳~19歳(中絶率59.6%)
・ 3位:45歳~49歳(中絶率53.6%)

となっています。

「望まない妊娠」は、19歳以下の年齢層以外でも、45歳以上でも高い割合で発生していることがわかります。

この数字に、日本人が避妊をコンドームに頼っていることが無関係ではないでしょう。

完璧な避妊とは? 避妊失敗率0%は不可能。しかし、低用量ピルなら避妊失敗率0.3%とほぼ100%望まない妊娠を回避できます

低用量ピルならほぼ100%避妊

避妊方法には、コンドーム以外にもさまざまな方法があります。

その中でも、低用量ピル(OC、低用量経口避妊薬)という選択肢があります。

低用量ピルなら、毎日正しく服用することで避妊失敗率0.3%という高い避妊効果を得ることができます。
低用量ピルなら、99.7%というほぼ100%に近い確率で望まない妊娠を回避できるということです。

専門家のあいだでは、避妊は低用量ピルで、コンドームは性感染症予防のためのプラスアルファで使用する、ということが常識だった!

日本人の常識は「避妊はコンドーム」ということでしたが、専門家のあいだでは「避妊は低用量ピル」ということが常識です。

日本はピルの後進国と言われています。
ここで少し、ピルの歴史を振り返ってみたいと思います。




1960年にアメリカで初めて認可されて以来、人工妊娠中絶の悲劇から女性を救ってきたピルですが、1960年当時は、現在の低用量ピルではなく副作用の強い「高用量ピル」が使用されていて、胃腸障害や静脈血栓塞栓症のリスクが指摘されていました。

その後、1973年に初の低用量ピルが開発されます。
その後もピルを副作用の少ない薬にするための研究と開発が続けられ、開発時期や使用材料で第1世代・第2世代・第3世代と世代をわけながら、世代が進むごとにより副作用の少ない薬になっていきました。

日本で高用量ピルが発売されたのは1957年。
その後、1990年に低用量ピルの認可が申請され、1999年に9年かかってようやく承認されました。
なぜ、日本における低用量ピルの承認に9年もかかったかですが、エイズ(HIV感染症)の感染拡大への懸念や、性モラルの乱れへの懸念があったのでは、ということのようです。

低用量ピルを飲み忘れなく適切に服用すると、ほぼ100%妊娠しなくなりますから、日本人にとって一番最初に思いつく避妊具であるコンドームが使用されなくなり、「生中だしセックス」が常態化することでエイズの感染が急拡大することと、若者が望まない妊娠の恐怖から解放されて安易にセックスをするようになり、性モラルが崩壊することが懸念されたということでしょう。

ちなみに、エイズ(HIV感染症)を予防するためには、コンドームの使用が最も効果的です。
望まない妊娠を回避するために低用量ピルを飲みながら、性感染症予防にはコンドームを使用するという方法が、安全にセックスをするために重要といえます。

低用量ピルの認可が申請されてから承認されるまでの、1957年から1999年の42年間に定着したピルの悪いイメージは強烈で、ピルと言えば副作用が強い高用量・中用量のものを指して覚えている日本人が多いため、2005年に行われた調査では避妊をしているという男女で「避妊にピルを使用している」と回答したのは男性0.8%、女性1.4%と、まだまだ一般的な避妊方法としては定着していません。

このあたりが、日本人の間で「避妊はコンドーム」という認識が定着するにいたった背景になりそうです。

低用量ピルは避妊以外にもメリットが多い。月経困難症↓子宮内膜症↓子宮体がん↓卵巣がん↓大腸がん↓など

低用量ピルの避妊以外のメリット

低用量ピル(低用量経口避妊薬)については、(社)日本産婦人科学会が発表した「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」の改訂版(以下、ガイドラインと表記します)に詳しく書かれています。

このガイドラインには、低用量ピルの避妊以外の副効用が明記されています。

低容量ピルに伴う副効用
※クリックで図が拡大して鮮明になります。

※OC=低用量経口避妊薬:Low-dose Oral Contraceptives
※(社)日本産婦人科学会「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」改訂版 P.12より引用


ガイドラインによると、低用量ピルは長期間にわたって使用したとしても、大部分の女性にとって安全であり、死亡率増加とは関係がないことが明らかになっており、また、健康な女性が対象となり長期間服用することから、より一層の安全性が求められているとのことです。

その例として、ガイドラインに健康な非喫煙者が低用量ピルを服用した時の死亡リスクを1としたとき、10万人の女性が1年間に死亡するリスクはいくつになるか? が掲載されています。下記のような数値になるそうです。

  • 妊娠、出産は6
  • 家庭内の事故は3
  • 交通事故は8
  • 喫煙は167

低用量ピルを処方された場合に受け取る「服用者向け情報提供資料」もネット上に情報がありましたので、リンクを張っておきます。
ガイドラインの内容がより簡略化して書いてある感じです。

低用量ピルには副作用があり、そもそも服用が禁止な場合もあります。特に35歳以上で1日15本以上の喫煙者は服用できません

ガイドラインに、低用量ピルを処方される際の問診で使用されるチェックシートが掲載されています。
このチェックシートの質問に「はい」と回答する項目がある人は、慎重に服用しなければならないか、服用が禁止になる人です。

低容量ピル初回問診チェックシート
※クリックで図が拡大して鮮明になります。

※OC=低用量経口避妊薬:Low-dose Oral Contraceptives
※(社)日本産婦人科学会「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」改訂版 P.35より引用

ガイドラインのP.31~P.33に「(1)服用が禁忌となる場合」「(2)服用にあたり、慎重な判断を要する場合」が掲載されていますので、参考にしつつ、医師と相談するのがいいと思います。

低用量ピルは何歳から何歳まで服用できるの? 初潮を迎えた思春期を過ぎた頃から服用可。40歳以上の女性は慎重に服用

低用量ピルの服用期間は?

ガイドラインによると、「説明を受けた上で、低用量ピルを選択する能力がある女性であれば、両親の承諾がなくても若年の女性に低用量ピルを処方することができる」とあります。

医療専門家には守秘義務がありますし、若年層の人口妊娠中絶件数の多さ(平成25年:14歳未満318件、15歳~19歳19,041件)を考えると、両親の承諾がなくても処方がされる事実はもっと知られていてもいいと思います。

ただし、低用量ピルは思春期前の女性に対しては服用が禁止されています。
低用量ピルが思春期前の女性に対して禁止されている理由は「骨端の早期閉鎖をきたすおそれがある」ということが理由なので、身長が伸びている最中であれば低用量ピルを服用することはできません。

また、ガイドラインによると40歳以上の女性は服用にあたり慎重な判断を要する、とあります。
40歳以上の女性は、「一般に心筋梗塞等の心血管系障害が発生しやすくなる年代であるため、これを助長するおそれがある」ことが理由です。

40歳以上の出産経験がある女性の場合は、IUS(子宮内避妊システム)IUD(子宮内避妊用具)という選択肢もあります。
※ IUS・IUDの詳細は、下にあるまとめの図をご確認ください。

IUSやIUDは、出産経験のない女性や40歳未満の女性も選択可能な避妊方法なので、医師と相談してみるといいと思います。

IUSやIUDは低用量ピルと違って「飲み忘れ」がない分、理想的な使用方法と一般的な使用方法にあまり差がなく、理想的な使用方法に比べて避妊失敗率が高めになる一般的な使用方法でみてもIUSで避妊失敗率0.2%、IUDで避妊失敗率0.8%と、飲み忘れのない低用量ピルの避妊失敗率0.3%と比べてもそん色ない避妊方法となっています。

下記はIUS・IUDを含む、さまざまな避妊法のまとめです。

さまざまな避妊法がまとめられた図
※クリックで図が拡大して鮮明になります。
引用元:さまざまな避妊法 | 避妊のススメ

低用量ピルの服用は医師の指導の下、慎重に。低用量ピルの購入には、個人輸入という方法もあります

低用量ピルの処方を受ける際は、医師の指導と定期的な検診を受けることがおすすめです。
避妊目的の低用量ピルには健康保険が適用されず、生理不順の解消などの目的の場合は健康保険が適用になるようです。
健康保険が適用されないケースで、月額3,000円~4,000円程度の費用となるとのこと。

ネットで情報を探していると、医師の診察を受けてから低用量ピルを飲み始めて、毎月の費用をおさえるためにネットで通販(個人輸入代行業者を介して購入)しているという人もいました。

その場合は、月額1,600円程度の費用におさえられるようです。

ご紹介した低用量ピルなどのお薬は、こちらから購入できます。
http://kenko-l.com/category/item/itemgenre/few_pill/

もしものときのための知識として。緊急避妊薬(モーニングアフターピル)というものがあります

緊急避妊薬(モーニングアフターピル)

「低用量ピルによる計画的避妊の最中、ピルを飲み忘れたのにセックスしちゃった!」
「コンドームが破れて、中ででちゃった!」

など、妊娠を望んでいないのに妊娠してしまう可能性が出てしまった場合に、事後的に妊娠を回避するための方法として緊急避妊薬(モーニングアフターピル)というものがあります。

緊急避妊薬は、性交後72時間(3日間)以内(なるべく早めに!)に服用します。
緊急避妊薬を正しく服用することで、約80%ほどの確率で妊娠を回避できるとされています。

もともと妊娠を希望していないカップルにとって、ゴムが破れるなどのアクシデントによる避妊失敗は最悪の事態です。
また、パートナーの男性が避妊に協力的でない場合に、事後的な緊急避妊は妊娠を望まない女性がとれる避妊の最終手段でもあります。

ゴムが破れるなどの避妊失敗の際、

  • コーラ、レモンなどの炭酸で膣内を洗浄して精子を殺す
  • 女性がジャンプして飛び跳ねることで、膣内や子宮から精子を出す

ということで妊娠を回避できるという説がありますが、デマです。

精子が酸に弱いからコーラ、レモンの炭酸で殺せるということに根拠はありませんし、射精の後で膣内を洗浄したところで精子の動きが早くて間に合いません。

女性が飛び跳ねたところで、膣内の精子が全て外に出てくるという保証はありません。
妊娠するのに十分な量の精子が膣内に残っていれば、妊娠する可能性が残ります。

そもそも、膣内洗浄やジャンプで避妊成功率が80%になることが考えにくいといえます。

「事前の避妊に失敗しても、事後に緊急避妊という方法がある」

という知識を持っておくだけで、結果は大きく変わるでしょう。

事前の避妊に失敗したら、ためらわずに医師に緊急避妊の相談をしましょう。

自分に合うものなのかどうかをしっかり調べた上で、個人輸入でお守りとして緊急避妊薬を購入しておく、という方法もあります。

ご紹介した緊急避妊薬は、こちらから購入できます。
http://kenko-l.com/item/itemgenre/967/

避妊に対する正しい知識をもって、明るく楽しくすごしましょう!

避妊の正しい知識を持ちましょう

この記事では、コンドームを一般的な使用方法で使った場合に、意外にも避妊失敗の可能性が高いことから、より確実な避妊方法を探して、低用量ピルの情報をご紹介しました。

また、事前の避妊に失敗した際に、事後的に緊急避妊する方法についてもご紹介しました。

望まない妊娠は、あなたの人生を大きく狂わせます。
避妊に失敗した後、望まない妊娠で人生を狂わせないための最終手段が中絶ですが、そこに至らずに正しく避妊するために、この記事が役立つと幸いです。

避妊方法は誰かに強制されて決めるものではありませんし、パートナー同士で話し合って納得の上で決めていくのがいいと思います。

コンドーム派の方にも、
「避妊? ゴムつけとけばいいんじゃない?」
ではなく、正しくない使用方法によるコンドームの避妊失敗リスクや低用量ピルをはじめとした様々な避妊方法があることを知った上でコンドームを選択してもらえたらと思いますし、
「彼がゴムをつけてくれない…」
と悩んでいる女性にも、低用量ピルをはじめとした男性の協力を得なくてもほぼ100%の避妊ができる方法があることを知ってもらえたら、と思います。

また、事前の避妊に失敗しても、「緊急避妊」という方法があることも覚えておいてもらえたらと思います。

「避妊」はあまり表に出てくる話題ではないかもしれませんが、一読して知識として持っておくだけで19歳以下や45歳~49歳の50%越えという中絶率は少しでも下がると思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
ぜひ、何かのタイミングで、あなたのパートナーにもこの記事を読んでもらってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加